顎関節症

顎関節症について

顎の痛みを感じてから、顎が動かしにくい、口を開けるたびに
顎の関節がパキパキなる・・・。喋るときにも支障が出ることも
ある顎関節症。辛いですよね。

顎関節症の治療を諦めていませんか?「顎関節症は治らない」と
思っている方、是非、 エゴスキュー顎関節症解消プログラム
試してください。

自宅で簡単にできる、顎関節症を根本的に治す治療法です。

食べる事や喋る事が大変だった

顎関節症になって一番困った事は、口を開けるのが苦痛になる為、食べ物を食べる事や喋る事が大変だった事です。 私の場合は、整形外科に行って痛み止めか何かの注射を1本打ってもらうのを2日間行ったら治りました。 もちろん変に動かしたりせず、安静にしておくのも大切です。 顎関節症の辛さを2度と味わいたくないので、なるべく硬い物を食べたり、噛む回数を増やしたりしています。 もし顎関節症でお困りの方は、普段から顎を強くする行動を取ることをおすすめします。 なってしまったら仕方ないので病院へ行きましょう。

寝起きのたびに顎が痛くて大変でした

睡眠中は自分でコントロールできないため、寝起きのたびに顎が痛くて大変でした。痛みがひどい場合は食べるものもやわらかくて咀嚼回数が少なくてすむ物しか食べられませんでした。根本的な治療はしていなませんが、痛みが引くまではあまり顎を使いすぎないように気を付けることと、噛みしめないようにふとした時に意識して口周辺を意識していました。あとは姿勢を正すよう心掛けて安静にするのが一番痛みが軽減する最短の方法だと思います。

2年ほど前に顎関節症になりました

普通に生活していて突然、口が開けにくいと感じ、普通に喋ったり食べたりする分には大きな支障はないのですが、あくびのように大きく口を開けることができず、無理に開けるとガクッと顎の骨がずれるような音と感覚がありました。 虫歯の影響かと思い、行きつけの歯科(口腔外科もやっているところでした)へ行ったところ、顎関節症と診断されました。 治療は飲み薬を飲むだけの簡単なもので、一~二週間で治ったと記憶していますが、私は比較的症状が軽かったようで、薬で治らない方はマウスピースを使用するなど他にも顎関節症の治療法があるようです。また、再発率が非常にいと先生から聞きました。 私は歯科に行くまでの数日間原因がわからずとても不安な思いをしました。治療自体大変なものではないので、口を開ける際などに違和感を感じたら、迷わず病院に行ってほしいと思います。

歯科治療を受けてから次第に顎関節症になった気がします

今は再び歯医者に行って噛み合わせを診てもらい治りましたが、片方の歯で噛んだり頬づえをついたり、寝る時に毎回片側を向いて寝ないなど注意しています。 顎が痛くなったらムリをせずに医者に行くことをお薦めします。

大きな口をあけるときに骨がずれて極度の痛みを感じます

私の場合は大きな口をあけるときに骨がずれて極度の痛みを感じます。もちろん音も出ます。 なので大きな食べ物、硬いものが食べられません。 あと、冬の時期になるとあごの付け根が痛みます。 運動をしても痛みます。息継ぎ、呼吸法で顎を使うため(マラソンやプール) 解消法としては、上手くできてないのですが奥歯を常に顎疲れされないた離す、噛み締めない意識しています。 また暖かくしています。 治療として一時期歯医者で作ったマウスピースを使っていました。

歯ごたえのある食べ物を食べると痛みが出る

20歳の頃に顎関節症になり、口を大きく開けれなくなり歯ごたえのある食べ物を食べると痛みが出るようになりました。 歯科医に行き、診察をしてもらった所先生から「20代によく出る症状でそのうちに治るから。」と言われました。 私がした治療は、奥歯の辺りに麻酔薬を注射してもらい痛みを抑える方法と痛み止めの内服薬を処方してもらうという方法で、痛みが消えるまで4~5ヶ月かかったと思います。 今、顎関節症になっている方に 口を開けると痛みが出たり、食べるのもつらいようなら早く、歯科医もしくは口腔外科で診察を受けて楽になって下さい。 医学が発達しているので、私がした治療よりも違う方法があるかもしれません。

病院や歯医者に行ったりしたときに

顎関節症になって、病院や歯医者に行ったりしたときに口を開けるのに痛くてなかなか開けられずに困ったりしたことがあります。また、大口で食べ物を頬張ることもできません。 友人の紹介で整骨院に行って半年治療を行い生活に支障がなくなるまでになりました。1度、整骨院に相談されてもいいと思います。

急に顎が痛くなって口を大きく開けられなくなった

物を噛んだ時にたまに顎がカクンとしたり、小さく音が鳴る事があり何か変だなとは思いつつもそのままにしていました。 しかしある時、急に顎が痛くなって口を大きく開けられなくなった時に初めて病院へ行ったんです。 そこで診断されたのが「顎関節症」でした。 幸いまだ症状は浅い方だったので、医師からは口を大きく開けないように、硬すぎる物を食べないようにと注意されただけでした。 もっと酷い場合は注射を打ったり、スプリントという器具をつけるようですがそれは無かったです。 でも、大きく口を開けて笑えなかったり、噛むと顎から「ゴリッ」と音がするので、日常生活では少々不便ですね。 もし今、顎関節症で悩んでいる方がいれば、早めに大きな病院で見てもらって適切な治療を受けた方がいいでしょう。 歯をくいしばるスポーツや硬い物を食べる事を避けて、治療を続ければ必ずマシになります。

顎関節症には明確な治療法はないと言われました

医者に行っても痛み止を処方されるだけです。それでも薬が効いている間に治っていくのでそれが治療のひとつになると思います。 ならないためには、固すぎるものを食べない、顎を酷使することをとにかく避ける。そして風邪を引くとなるので疲れをためないことです。 顎の骨が炎症を起こして腫れてしまうので、マッサージする後冷やすのも有効的です。

右の奥歯が虫歯になり

顎関節症になったきっかけは、右の奥歯が虫歯になり、左側だけで噛んでいたら顎の骨のバランスが悪くなり右が顎関節症になり口が開かなくなりました。食べ物が噛めないのが一番つらかったです。すぐに口腔外科のある歯科医院に行ってレントゲンを撮りマースピースを作って頂きました。 家にいる時や、寝る時につけていたらいつの間にか良くなりました。 顎関節症だと思ったら口腔外科のある歯科医院に行く事が一番だと思います。

痛みや顎が外れそうになることが

日常生活で困ることパキッと音が鳴ることですね。 たまに何の音か聞かれることがあります。 私は病院に行かなかったので若いころは痛みや顎が外れそうになることがよくありました。 現在は音が鳴るだけでそれらの症状はありません。 私が意識しておこなっていたのは左右均等に噛んで食事をすることです。 でもこれは運が良かっただけでやはり病院に行くのが一番の方法だと思います。

交通事故で顎を打ったのををきっかけに

交通事故で顎を打ったのををきっかけに口を開けるたびに痛く食事をするのにも痛みと顎が外れそうになるために大きく口を開けることができず食事も満足にできない状態になって困ったことがあります。 大丈夫な時は普通に話したりできるのに、食事の時や意図しない時に口が空かなくなったり痛みを感じたりするので他の人にはあまりつらさを理解されないところもあったと思います。 その当時は確か湿布のみの治療で数週間で治ったと記憶していますが、その名残りなのかわかりませんが、今現在も口を開けるたびに顎が鳴りますし、ちょっとひどい時には耳の下あたりが痛くなったりもします。そんなときはなるべく口を開けないように顎を休めるように意識したり、硬いものを食べないように気を使ったりしますが現在は特に病院には行っていません。 顎関節症と診断された友人は口腔外科で診てもらっていたので、症状が気になったりひどくなったら口腔外科へいくのが治療の近道なのかなとおもいます。

口を大きく開けて一気にたくさんたべるので

まず私は食事をする際に、口を大きく開けて一気にたくさんたべるので、それを繰り返しているうちに顎関節症になりました。 しばらくはほおっておいたのですが、あまりに痛くて、食事をする際にもつらくなってきたので、整形外科に行って相談しました。治療法というのはあまりなく、特にしたのは、まずは顎のマッサージをしてもらい、自宅でもしたのと、原因となった食事の際に、口を大きく開けるのをやめて、顎になるべく負担をかけないようにしたのと、あとは痛み止めを定期的に服用することでした。 そのようにしているうちに、次第に良くなっていきました。しかし、このようなことをしても、基本的には日持ち薬だと思います。

顎が痛くなると頭痛までしてくるので困ります

生活をしている中で、顎が痛くなると頭痛までしてくるので困ります。気になって普通にしていられなくなるので。マッサージにいきました。頭をマッサージしてもらうと、完治はしないのですが、ずいぶんとましになります。アドバイスですが、結局根本的な生活やストレスを見直さないと改善されるものではありません。でも、仕事のことだったりするとどうにもできないこともあると思います。マッサージにいって一時的にでも改善すればずいぶんマシなので、マッサージをおすすめします。

初めは、何だか顎が開きにくい

初めは、何だか顎が開きにくいというような違和感を感じはじめ、食事中など顎を動かすと痛みを感じるようになりました。その後は話をするだけでも痛むようになり、口を少ししか開けられなくなりました。 インターネットで調べると、どうやら顎関節症の症状だということで、近くの口腔外科に行きました。 そこで、レントゲンなども撮ってもらい、ズレているとかとかいうことではなく、顎関節症と診断されました。 ストレスや、日々の顎の疲労などから発症することが多いとのことで、普段からガムをよく食べていたので、そういったものをやめ、ゆとりを持っていると、自然と治っていきました。 私の場合は、ガムを噛んでいたことが一番の要因だったようです。 日々の生活を思い起こしてみると、案外原因が見つかるかもしれません。

一時は寝られないほど顎が痛くなることがあるました

顎がガクガクする時があって歯科医に相談したところ顎関節症と言われました。楽器を演奏してるので長時間演奏すると顎が痛く、一時は寝られないほど顎が痛くなることがあるました。そのため大きな病院の口腔外科へ。いくつか治療法を教えてもらい、私はマウスピースを寝る時につけました。初めは慣れなくて血がつくこともありましたが、慣れてくると兵器になりました。月に一度口腔外科に行って開き具合をチェックして、たまに痛み止めをもらいました。今では痛みもなくなりました。寝れないほどひどい方は是非口腔外科に行ってみてください。適切なアドバイスをもらえると思います。

顎関節症は治ります。

エゴスキュー顎関節症解消プログラム